リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについて

リバースモーゲージという不動産担保ローンをご存知ですか?様々なメリットやデメリットがあります。 - リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについて

アーカイブ

更新情報

リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについて

egra
定年退職を迎えたいわゆるリタイヤ世代にとって、貯蓄の課題は命題になっています。仕事をやめた60歳以上の家庭で平均で70万円近くの赤字を出していることが、総務省の調査によってわかりました。年金受給額も下がることが予想され、貯蓄の関心は留まることを知りません。そこで関心を持ってほしいのがリバースモーゲージという不動産担保ローンです。

持っている家を現金化するシステム

今住んでいる自宅を担保にすることによって、お金を借りることができるシステムになります。自宅といっても賃貸ではできませんので、持ち家を持っている人に限られます。融資する銀行の審査があり、地価や建物の価格によって借りられるお金に上限があります。大体限度額は土地評価価格の5割になっていることが多いです。

そのまま住み続けることが可能

不動産担保ローンは支払うことができなくなれば、返済のために不動産を手放さないといけなくなります。しかしリバースモーゲージはそのようなことは一切ありません。その家に住み続けながらお金を借りることができるシステムです。また限度額以内であれば、いくらでも借りることができます。まるでカードローンのような使い方ができるでしょう。

ただし銀行も融資を行うときに、高齢ということで配慮することがあります。どういった目的によってお金が必要であるのかを聞かれることも多いですので、その点はカードローンと違い、使いにくい商品になるでしょう。ただし限度額以内であればいくらでも借りることができるのは魅力的です。たとえば孫の進学でお金が必要になったときに工面をすることもできますし、自分たちの老後資金にも活用することができます。

返済は死後

リバースモーゲージの大きなメリットは、生きている間は返済を行う必要がないことです。返済はすべて死後になり、銀行が行ってくれますので、安心して借り入れをすることができます。ただこの点は少し注意が必要です。たとえば死後子供や孫のために財産を残したいと考えている場合は、当然その望みにかなえることができません。また配偶者が残された場合に、予期せぬ土地評価額の下落やインフレから起きる金利が上昇すると、担保割れが起き、配偶者に銀行から差額の返済を求められることも。

夫婦そろって亡くなることが少ないことから、残されたときのことを考えながら、リバースモーゲージの限度枠を使うなど工夫が必要です。どちらにしろリバースモーゲージを活用した老後設計は綿密に行う必要があるでしょう。

老後のための活用方法

リバースモーゲージは基本、好きなように使って構いまない不動産担保ローンです。老後にしたいこともたくさんあるでしょう。レジャーや教養、趣味といったことに使うことが可能です。また今後のことを考えて自宅をバリアフリーにしたり、リフォーム費用に充てるのも良いです。そうなると建物の価格も上がり、限度枠が上昇することも。可能性は無限大と言えるでしょう。

計画的な運用を

やはり一番怖いのは担保割れです。日本はデフレからいまだに抜け出すことができず、インフレを目指している段階です。インフレが起きるようになると、当然金利が上がり、リバースモーゲージは変動型金利が一般的になっていますので、亡くなった後の担保割れが懸念されます。また地価評価が急落するようなことがあると、配偶者だけではなく、残された子供にも影響が及ぶことが考えられます。長生きする可能性もありますので、計画的な運用が必要です。

Copyright(C)2015リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについてAll Rights Reserved.