iPhoneを水没させてしまったらすぐに水分を拭き取りましょう

iPhoneを水没させてしまっても大丈夫!正確な対処法を知っておけば安心です。 - 乾いた布で拭くようにしましょう

乾いた布で拭くようにしましょう

スマートフォンにはいろいろな種類がありますが、どれもデリケートな設計になっています。
精密機械ですから、水没などのトラブルは避けるようにしなければいけません。
しかし、どんなに注意していても水没のトラブルは起きてしまうでしょう。
そうなったときにどうすればいいのでしょうか?

水気を取ることが大切です

まずは素早くiPhoneを水没した場所から取り出し、水気を取るようにしましょう。
すぐに取り出せば、内部に水が浸透せず、大事には至らない可能性もあります。
l,yuyf
慌てて、どうしていいのかパニックになってしまう人が多いですが、iPhoneの水没はスピードが重要です。
素早く、慎重に水没したiPhoneを取り出しましょう。

乾いた布で拭く

水没したiPhoneを取り出したら、すぐに乾いた布で丁寧に拭くようにしましょう。
この時、iPhoneをなるべく動かさないように、水気を拭くように心がけてください。

濡れてしまったiPhoneを動かすと、中に水分が入り、動作に影響を与えてしまう恐れがあります。
そうならないように、乾いた布を動かすイメージで濡れたiPhoneを拭き、水気を取りましょう。

どんなもので拭けばいいのか?

水没してしまったiPhoneを拭くときは、乾いた布などで拭くようにしましょう。
特に拘る必要はありませんが、ティッシュなど細かい埃がiPhone内部に溜まるよりはタオルなどのほうがいいかもしれません。

見える部分からゆっくり乾いたタオルなどで拭いていき、イヤホンや充電器の差込口も丁寧に拭くようにしましょう。
iPhone水没はスピードを意識して取り組むことが重要になります。
すぐにこうした濡れを乾かすことがiPhone復旧の鍵に繋がります。
iPhoneを水没させてしまったら、水気を取ることが重要な対処法になります。
しかし、それと同じくらい重要なのはiPhoneの乾燥です。
水没した場所から取り出し、きちんとタオルで拭き取ったら乾燥の手順に移りましょう。

ドライヤーは効果は無し

iPhoneの乾燥で重要になるのは、どのような手順をするかです。
人によってはドライヤーでiPhoneを乾燥させようとする人がいますが、あまり効果はありません。

iPhoneをドライヤーで乾燥させることは表面上しか温まらず、水没した対処法としてはイマイチです。
身近にある乾燥の電化製品として一番に思い浮かべるドライヤーですが、iPhoneの水没対処法とては上記の理由でお勧めできないのです。

どんな方法で乾燥させるか?

iPhoneの水没で効果のある乾燥方法は、エアコンの除湿モードです。
除湿モードはiPhone内部に結露を生じさせないスムーズな乾燥を行うことができます。
もちろん、これだけで内部の乾燥を完了させることはできませんが、iPhone水没の作業を行うときは部屋のエアコンを起動し、除湿モードに切り替えましょう。
普通の状態に比べて、かなり効果が期待できます。

間違っても振ってはいけません

iPhoneを水没されたときに重要になるのは、iPhone内部の状態にどれだけ考慮した対処ができるかです。
表面からはあまり見えませんが、水没してしまったiPhone内部はショートが起きやすい状態になっています。
水没から乾燥までの対処中は、ショートが起きないように慎重にスピーディーに行うように心がけましょう。

iPhoneを水没させ、焦ってしまう人は急ぐあまり振ったり、揺すったりする人がいますが、これは間違いです。
内部の水分が移動し、ショートを起こしやすくなり、故障をより酷くしてしまいます。
水没後の対処で揺すってはいけません。
iPhone水没