リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについて

リバースモーゲージという不動産担保ローンをご存知ですか?様々なメリットやデメリットがあります。 - リスクを理解してリバースモーゲージの利用を

アーカイブ

リスクを理解してリバースモーゲージの利用を

住んでいる持ち家を現金化するのがリバースモーゲージです。メガバンクが参入して地方銀行も参入しつつあります。高齢者住宅が増えるなか、地方にとってみれば新しい収益になりますので、積極的な融資が目立つようになりました。ただ長い目で見るとリスクもありますので、それについて理解しておきましょう。

地価評価下落と金利上昇がリスク

地価の評価が下落するようなこともあります。特に日本は震災や水害が起きやすい地域がたくさんあり、それによって評価額が左右することも十分に考えられるでしょう。また市況が悪化することによって、銀行側が提示した地価評価額を下げるようなことがあれば、担保割れの危機もあります。追加担保を受けるような商品ではありませんが、担保割れが起きると困ってしまうのが融資を受けている側になります。せっかく老後の計画として立てていたのに、返済に頭を働かせなければならなくなるでしょう。リバースモーゲージ最大の敵になるのが、地価評価下落です。

また金利に関しても注意が必要です。インフレになれば必然的に金利が上がってしまいます。そのときに死後返済をするときに担保割れになると、困ってしまう人が表れます。これは地価評価額が下落する時にも発生する問題です。

配偶者や相続人が負担が掛かるケースも

亡くなった後に相続人の許可を得て銀行が売却をし返済に充てるのがリバースモーゲージですが、担保割れをした場合、配偶者や相続人が負担を強いられるケースもあります。負の遺産を残すこともある融資です。

リスクに気を付けた運用を

地価評価額の下落と金利上昇が大きなテーマになるのが、リバースモーゲージです。もしものこともありますので、借入金額を抑えるなど対策をしましょう。もちろん返済して残った分は、配偶者や相続人に残すことができるお金であることを忘れないでください。

Copyright(C)2015リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについてAll Rights Reserved.