リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについて

リバースモーゲージという不動産担保ローンをご存知ですか?様々なメリットやデメリットがあります。 - リバースモーゲージ以外の選択肢

アーカイブ

リバースモーゲージ以外の選択肢

高齢者としてまだ元気である場合、残された時間を有意義に過ごすことができます。ただその時にお金がなければ、有意義さは欠けることになるでしょう。そんなときリバースモーゲージの不動産担保ローンを活用することで、無理なく後で心配せずにお金を借りることが可能です。ただどんなローンでもリスクがあり、リバースモーゲージにもあります。だからこそ、それ以外の選択肢についても知っておきましょう。

他の持ち家の活用

持ち家を死後売却することによって返済をするのがリバースモーゲージですが、それ以外にも高齢者の資金繰り方法はあります。たとえば子供がいなくなり、多数の部屋がある持ち家であれば、それを売ることによってお金を作ることができます。そのお金を使ってマンションを購入し住む家を確保。残ったお金で老後にあてることもできるでしょう。

戸建て住宅を手放すことで得られる恩恵

戸建てであれば固定資産税を支払う必要があります。そして維持させるためには修繕費も必要です。老後になるとそのお金を作ることが難しくなるでしょう。思い切って売ることによって、家賃が適正価格の賃貸マンションに住むのも一つの選択です。リバースモーゲージで担保割れを気にする必要もなくなるでしょう。

配偶者にも引き継げるリバースモーゲージ

いろんなタイプのリバースモーゲージがあります。利息は、死後の支払いで一括だったり、毎月支払うタイプも。また契約者が亡くなれば、その後の契約を配偶者が引き継ぎ、その後亡くなった後に売却するタイプもあります。いろんな銀行にあたってみるようにしましょう。

老後だからこそ資金計画を

介護によってまとまったお金が必要になるケースも考えられます。退職して時間があるからこそ、有意義に過ごすための計画をしっかり立てておきましょう。

Copyright(C)2015リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについてAll Rights Reserved.