リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについて

リバースモーゲージという不動産担保ローンをご存知ですか?様々なメリットやデメリットがあります。 - 誰でもリバースモーゲージを利用できるわけではない

アーカイブ

誰でもリバースモーゲージを利用できるわけではない

活力あふれる高齢者におすすめできる不動産担保ローンがありますが、誰でも利用できるものではありません。そもそも不動産担保ローン自体、誰もが対象になるローンではなく、高齢者におすすめになっているリバースモーゲージを利用できる人は限られています。

持ち家で60歳以上

自分の住んでいる持ち家を担保にして、亡くなった後にそれを売却することで返済が完了しますので、利用できる条件を持つ人は持ち家を持っている人になります。また60歳以上の人を対象にしていることが多いです。いくつもの土地や建物を持っている人は、多くの融資額を期待することができますが、当然亡くなった後は売却されますので、相続人に残すことはできません。よって相続人とも兼ね合いをし、納得した後に契約を結ぶローンになっています。

限度枠は地価評価によって変わる

売却した金額が返済になりますので、当然地価評価によって借りられる金額は変わります。限度枠は地価評価までとなっていますが、今後どうなるのかなんて誰にもわかりません。地価評価が下落したり、災害によって住めなくなることも。そのようなこともあり、返済に困ることがないために、地価評価の50%ほどが限度額になる銀行もあります。

基本使い道は自由

事業資金以外であれば、使い道が自由になっています。よって住んでいる持ち家をリフォームすれば、建物自体にも評価が高まりますので、限度枠が増えることに期待を持てるでしょう。そのような使い道もあります。

老後の可能性が広がるローン

活力がある方であれば、退職後いろんなことをしたいと計画しているでしょう。そんな高齢者の方に、あとで問題が起こりにくいローンになっています。持ち家を持っている人ほど、検討してほしい不動産担保ローンです。

Copyright(C)2015リバースモーゲージと言う不動産担保ローンについてAll Rights Reserved.