人間関係が原因で転職する20代女性に知って欲しいポイント

転職する理由の1つとして人間関係の悩みを挙げることが出来ます。

これから人間関係が原因で転職を検討している20代女性に転職理由は正直に伝えた方がいいのか、人間関係で転職を繰り返さないポイントを紹介していきます。

転職理由は正直に伝えた方がいいのか

人間関係が原因で転職する場合はその事を面接で伝えた方がいいのか悩んでしまう人も少なくありません。

面接では必ずといっていい程転職理由を聞かれますが、その際に人間関係が悪いからとだけ伝えると本人のコミュニケーション能力に問題があり、また人間関係で退職するリスクがあると思われてしまうリスクがあります。

ですが面接で嘘をついたり、別の転職理由をでっちあげるのはNGです。

だからきちんと人間関係が問題で転職を希望する旨を告げた上でポジティブな印象を残す努力をして下さい。

人間関係はその人自身の問題だけではなく環境が問題の場合もあります。

だから自身は仕事上コミュニケーションを円滑にする為にどのような工夫をしていたのか、これまで人間関係が希薄な職場だったから人間関係が密な環境で働くことを希望するといった風に前向きな言葉で転職したい旨を伝えましょう。

人間関係で転職を繰り返さないポイント

人間関係に悩んでいる人はすぐに転職を決めるのではなく、社内で相談できる人がいるのならまずは状況の改善を目指して下さい。

それでも改善出来なかった場合のみ慎重に転職を進めることをお勧めします。

そして転職する際には企業情報を細かく収集することが重要です。

また同じように人間関係で転職する為にならない様にしっかりと社風、社員のコミュニケーションの様子を見極めた上で会社を選ぶようにしましょう。

選考中に社内見学が可能な会社もあるので出来る限り会社や店舗などに足を運ぶようにして下さい。

あと会社の雰囲気など直接聞きにくい場合転職エージェントを活用することで第三者の情報を得ることが出来ます。

転職エージェントさんから強く勧められて応募しましたが…

まとめ

人間関係が原因で転職をする人は少なくありません。そして特に20代の若い女性にその傾向があると言えます。

そんな20代の人間関係で悩む女性にお勧めしたいのは転職理由は正直に話すことです。

嘘をつくのはNGで、だからこそ次は人間関係が円滑になるようにどう取り組みたいか前向きに伝えるようにしましょう。

また転職を繰り返さない為に仕事を辞める前に人間関係の改善が出来ないか努力をする、転職前に社風や社員のコミュニケーションの様子といった情報をきちんと集めることが大切です。